ファーウェイ、独自OSの性能がAndroidの70-80%レベルに到達 投資も継続

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

ファーウェイ、独自OSの性能がAndroidの70-80%レベルに到達 投資も継続

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ファーウェイ(華為科技)のコンシューマー事業部CEO余承東(Richard Yu)氏が、同社の現況について語った。

余氏によれば、米国による規制に端を発する一連の事件がもたらした主な影響として、新たなスマートフォンがリリースできず、多くのAndroidエコシステムが使えないことが挙げられる、という。。

余氏はさらに、「我々は独自のエコシステム構築に取り組み始めた。『Harmony OS(鴻蒙OS)』にはすでに1億元(約15億円)にのぼる投資をしており、エクスペリエンスは改善を続けている。現在Androidの70〜80%レベルの性能にまで到達したが、それでも毎日、毎週、毎月、さらに向上し続けている」と述べた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録