短信

インスタント健康食品「shark fit」が2億円を調達 Tmallで17カ月連続首位と大人気

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

高タンパク低カロリー低糖質で健康的なインスタント食品ブランドを展開する「鯊魚菲特健康科技(shark fit)」が、シリーズAで1500万元(約2億3000万円)を調達した。出資者は「梅花創投(Plum Ventures)」。

鯊魚菲特は若い世代の消費者らをターゲットとして2017年に設立された。売れ筋商品であるレトルト鶏むね肉を切り口に、4年間で大手EC「天猫(Tmall)」の生鮮鶏むね肉類ランキング1位となり、現在も17カ月連続でトップを維持している。 

同社の規模拡大に伴い、製品の種類も鶏むね肉から肉類、雑穀、インスタント飲料などに拡大し、代替食、惣菜、おやつなどさまざまなシーンをカバーしている。

2019年の売上高は8000万元(約12億円)、2020年に入ってから現在までの売上高は1億元(約15億5000万円)を超えており、年間で2億5000万元(約38億8000万円)の売上高が見込まれるという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録