最新の3D顔認証機能搭載、OPPOが新モデル「FindX」発表

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

テクノロジー注目記事

最新の3D顔認証機能搭載、OPPOが新モデル「FindX」発表

OPPO 发布Find X新机,搭载「奥比中光」3D结构光人脸识别方案

iPhone X除了拥有目前最完美的全面屏解决方案,同时还拥有让安卓厂商望而却步的3D结构光人脸识别——Face ID。不过这项技术如今不再是iPhone X的专属功能了。

今年5月,OPPO通过技术沟通会宣布率先实现3D结构光人脸识别。当时就有消息称,OPPO 3D结构光人脸识别技术方案来自深圳科技创业公司奥比中光。法国时间6月19日,OPPO在巴黎正式发布了旗舰Find X 新机。而其搭载的3D结构光方案也证实确是来自3D传感企业奥比中光。

奥比中光虽然成立于2013年,但创始团队自2002年就开始着手3D传感器相关研究。初期,奥比中光从大尺寸3D传感器切入市场。2015年奥比中光自主研发的芯片MX400流片成功并量产销售。随后,第一批奥比中光的消费级3D传感摄像头ASTRA成功量产,并应用于无人零售、AI智慧客厅、智能机器人、智能家居、智能安防、工业4.0等多领域。

随后,奥比中光将精力集中在了手机端的小尺寸3D传感器研发上。在2017年底的采访中,奥比中光CFO陈彬告诉36氪,他们正在为手机端3D传感器的量产做最后准备工作,预期2018年会向手机厂商出货。奥比中光认为,智能手机每年出货量巨大,另外手机对3D传感的要求是最高的,一旦手机做进去之后,几乎所有的物联网硬件都可以使用3D传感器。

根据OPPO官方信息,奥比中光为OPPO提供的3D结构光技术最重要的应用是人脸解锁和安全支付。Find X可以实现0.1秒3D人脸解锁,另外3D结构光采集到的是人脸的红外特征信息和深度信息,其安全性也会更强。除了安全支付,Find X的3D结构光技术还可应用于三维重建、AR、游戏等众多场景。

OPPO 发布Find X新机,搭载「奥比中光」3D结构光人脸识别方案

在此前文章中,36氪对奥比中光针对智能手机的前置3D人脸识别结构光摄像头模组方案——Astra P的主要参数进行了介绍,并和iPhone X进行了对比。对比数据显示,在功耗、分辨率、帧速、3D立体视频、3D渲染,以及在20-50cm距离识别时,两者不相上下。但在距被摄物50cm-70cm这段距离以及强光环境中的识别精度,奥比中光的表现效果甚至要优于iPhone X。

据Yole报告《3D成像和传感-2017版》,预计3D成像和传感器件市场的复合年增长率为37.7%,2022年将达到90亿美元。这个飞速增长的市场也获得了资本的关注。今年5月奥比中光宣布完成超2亿美元D轮融资,本轮融资由蚂蚁金服领投,赛富投资、松禾资本、天狼星资本以及仁智资本等数家老股东跟投。蚂蚁金服的入局也意味着奥比中光的3D Face ID技术会进一步应用于互联网金融、新零售等产业。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アップル社の「iPhoneX」。現時点では、世界で最も完璧なフルスクリーンディスプレイと、アンドロイド各社が二の足を踏んでいたAIと3D赤外線マッピング技術を実装する3D顔認証「FaceID」を有している。しかし、この唯一無二のセールスポイントは、今や「iPhoneX」だけのものではなくなるかもしれない。

中国の広東省に本拠地を置く電子機器メーカーで、スマートフォンのシェア世界第4位のOPPOは今年5月、3D顔認証技術の実現に注力することを発表。また、顔認証に関するOPPO社の技術ソリューションは、ORBBEC(奥比中光)によるものである事も公表された。そして、フランス時間の6月19日、OPPOはパリで正式に「FindX」の新機種を発表。やはり、この新機種に搭載された3Dパターン投影ソリューションは、3Dカメラセンサー技術のハイテク企業・ORBBECによるものと判明した。

ORBBECは2013年設立。しかし、創業メンバーらは2002年には既に3Dセンサーに関する研究を開始していた。黎明期のORBBECは大型サイズの3Dセンサーで市場に参入したが、2015年には自社開発した「MX400」チップの量産に成功。直後、第1弾の3Dセンサーカメラ「Astra」の量産にも成功し、無人販売機、AIを搭載したスマートリビング、スマートロボット、スマート家具、スマートセキュリティ、インダストリー4.0(製造業のデジタル化)等、幅広い分野に応用されることになる。

その後、ORBBECはモバイル用小型3Dセンサーの開発に集中。2017年、36Krの取材に応じた同社CFO(最高財務責任者)の陳彬(チェン・ビン)氏は、「現在、モバイル用3Dセンサーの大量生産に向けて最終調整中であり、2018年にはメーカーに出荷できるだろう。スマートフォンの年間出荷数が膨大であること、中でも3Dセンサーに対するニーズが最も高いことから、スマートフォンにおいて3Dセンサーを導入できれば、ほとんどすべてのIoT関連ハードウェアにおいても活用できると考えている」と語った。

OPPOの公式発表によると、ORBBECが同社に提供した3Dパターン投影技術の最も重要な応用は、3D顔認証によるロック解除と決済機能の安全性だ。「FindX」の顔認証によるロック解除は所要時間0.1秒。また、3Dパターン投影は、人の顔の赤外線シグネチャーと奥行き情報を集めることで、安全性をより高めることができる。「FindX」の3Dパターン投影技術は決済機能の安全性以外にも、3Dリコンストラクション、AR、ゲームなどの多くの方面での応用が可能だ。

36Krは既報で、ORBBECによるスマートフォン向け3D顔認証カメラ(プレ版)「Astra P」の主要なパラメーターを紹介した。その際、「iPhoneX」との比較も行っている。比較の結果、消費電力・解像度・フレーム速度・3D立体映像視聴システム・3Dレンダリング及び20~50cmの距離における識別能力で、二者は互角と判明。しかし、50~70cmの距離において、また特に明るい環境の中での識別精度では、ORBBECの技術は「iPhoneX」を凌いでいた。

フランスの調査会社Yole Developpement社のレポート「3Dイメージングとセンサー2017」によれば、3Dイメージングとセンサー部品市場の複合年間成長率は37.7%、2022年には90億米ドルに達するとみられている。この飛躍的な成長率のマーケットには資本の後押しも得られている。今年5月、 ORBBECは、3億ドルを超すシリーズDラウンド融資を達成したと発表した。この融資は、アリババ傘下金融企業のアント・フィナンシャル(螞蟻金服)、投資企業のSAIFパートナーズ(賽富亜洲)、資本管理企業のグリーンパイン・キャピタルパートナーズ(松禾資本)、 ベンチャーキャピタルのシリウス・ホールディングス(天狼星資本)、 投資機構のR-Z キャピタル(仁智資本)等の、出資者の相乗り投資によるもの。アント・フィナンシャルの参入は、ORBBECの3D顔認証技術が、インターネット金融や「ニューリテール」においてさらに応用されることを意味しているだろう。

原文はこちら

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録