短信

医療業界のIT化支援をする中国ヘルステック企業が約190億円を調達 テンセントやソフトバンクも出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

医療業界向けにSaaSソリューションを提供する「太美医療科技(Taimei Medical Technology)」がシリーズFで12億元(約186億円)超を調達した。リード・インベスターはテンセント(騰訊)、「高瓴創投(GL Ventures)」、「雲鋒基金(YF Capital)」。コ・インベスターは「晨興資本(Morningside Ventures Capital)」、「マトリックス・パートナーズ・チャイナ(経緯中国)」、「浙商創投(Zheshang Venture Capital)」、「ソフトバンク・チャイナ・ベンチャーキャピタル(SBCVC;軟銀中国)」。

太美医療科技はIT技術を医療事業向けに応用し、医薬品開発のスピード向上やコスト削減をサポートしている。独自開発した総合専門ソフトウェア製品群と技術ベースの専門サービスシステムで、医薬品の研究開発、ファーマコビジランス(医薬品の安全性情報管理)、医療事務、マーケットアクセス、マーケティングなど、医療に関わるさまざまな業務をカバーする。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録