EVのNIO、共用充電スタンド建設に16億円を補助 消費電力の90%以上が他社製EVの充電に利用

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

EVのNIO、共用充電スタンド建設に16億円を補助 消費電力の90%以上が他社製EVの充電に利用

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

9月26日、北京国際モーターショーで、中国新興EVメーカー「蔚来汽車(NIO)」の李斌CEOが「Power Up Plan」を公開した。一般に 「充電パートナー 」を募り、3万本の目的地型直流充電スタンドを展開する予定。

急速充電リソースを共有し、蔚来汽車のカーオーナーの利用料を免除してくれる「パートナー」に対して、同社は建設・運営補助金として、3年間にわたり1スタンドあたり1000元/年、総額1億元(約16億円)の補助金を支給する。

現在、蔚来は中国国内に60カ所以上のパートナーステーションを展開し、430カ所のスーパーチャージャーを設置して、すべての電気自動車ブランドにエネルギーサービスを提供している。 李斌氏によると、蔚来汽車以外のEVへの充電が全体の90%を超えているという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録