オンライン旅行「Trip.com(携程)」、中国決済サービスライセンスを取得 株価は急騰

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

オンライン旅行「Trip.com(携程)」、中国決済サービスライセンスを取得 株価は急騰

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国オンライン旅行最大手の「Trip.com(携程集団)」は9月27日、決済サービスライセンスを取得したと発表した。これを受け、翌日の同社米国株の終値は8.65%も急騰した。

決済ライセンスは、現在中国インターネット大手の必需品となっている。サードパーティの決済サービスを使用すると、莫大なコストがかかり、消費者情報やトランザクションデータが漏洩する可能性もある。消費者消費に直接関与するIT企業にとって、決済ライセンスの欠如はビジネス展開する上で大きな欠点となる。

2016年8月、中央銀行は 「原則として新規機関の認可は一定期間行わない 」としている。中国インターネット大手は決済ライセンスの競争時代に足を踏み入れており、近年では京東(JD.com)、美団(Meituan)、バイトダンス(字節跳動)などのテック巨人がいずれも買収によって決済ライセンスを取得した。

一部のネット企業が決済ライセンスを取得した時間と買収企業

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録