短信

ホテル管理システムの「Green Cloud」がシリーズCで15億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

クラウドPMS(ホテル管理システム)の「Green Cloud(緑雲)」が、シリーズCで1億元(約15億円)調達した。リードインベスターは既存株主の「同創偉業(Cowin Capital)」「首業資本(Leading capital)」、コ・インベスターは「光雲科技(Raycloud Technology)」。

Green Cloudは2010年に設立された。同社の主力事業は「Green Cloud PMS」「Oracle Hospitality(Opera PMS)」、データプラットフォーム、Eコマースプラットフォームの4つだ。同社と契約するホテルは1万8000件を超える。

Green Cloudは、2016年にシリーズAとA+で8500万元(約13億円)を、2018年にはシリーズBで1億8000万元(約28億円)を、2020年にはシリーズB+でトリップドットコムの関連企業「科慧創業投資(TECH-INTELLIGENCE VENTURE CAPITAL)」と「招商銀行(CMB)から1億元(約15億円)を調達している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録