20年2Qのスマホ出荷 サムスン不調もファーウェイ、アップルとトップ3をキープ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

20年2Qのスマホ出荷 サムスン不調もファーウェイ、アップルとトップ3をキープ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2020年第2四半期、スマートフォンの全出荷台数は、前年同期比20.4%減の2億9470万台だった。サムスンとファーウェイはそれぞれ20%の市場シェアを獲得し、Appleはシェア13.5%で3位につけた。

サムスンのスマートフォン出荷台数は5470万台で、前年同期の7510万台を下回った。ファーウェイの出荷台数は、前年同期が5800万台だったのに対し、今年は5410万台にとどまり、中国市場におけるシェアは42.6%だった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録