短信

電力業界からエネルギー領域のスマート化を実現、「中科類脳」が約16億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

このほど、中国安徽省合肥市に本部を置き脳型知能分野のトップ企業である「合肥中科類脳智能技術有限公司(Leinao.ai)」(以下、「中科類脳」)はシリーズAで1億元(約16億円)を調達した。リード・インベスターは「合肥産投(Hefei Industry Investment Group)」、コ・インベスターは「金科君創(JC Capital)」と「創東方(CDF Capital)」など。2017年に設立された中科類脳は、エネルギーインターネット分野に注力し、技術ソリューションを提供している。

エネルギー分野において、中科類脳は省・市レベルの電力会社や国有送電企業「国家電網(State Grid)」直属の研究機関「国網電力科学研究院(State Grid Electric Power Research Institute)」と連携するなど、電力業界からの切り込みを選択した。

同社は最前線の電力サービスシーンを全面的に調査研究し、電力業界におけるインテリジェントアップグレードの需要に対する理解を深め、電力巡視点検を監視業務システムと連携させ、電力のスマート化製品の実用化を加速させている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録