アリババ、大型スーパー「サン・アート」の支配株主に 約3800億円を追加出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ、大型スーパー「サン・アート」の支配株主に 約3800億円を追加出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババグループは10月19日、大型スーパーチェーン「高鑫零售(サン・アート・リテール・グループ)」を傘下に収めることを発表した。

アリババは子会社の「淘宝中国(Taobao China)」を通じ、仏小売大手「オーシャン(Auchan)」の食品小売事業「オーシャン・リテール・インターナショナル(Auchan Retail International S.A.)」とその関連企業から、「吉鑫控股(A-RT Retail Holdings)」の株式70.94%を総額約280億香港ドル(約3800億円)で取得する。吉鑫控股はサン・アートの株式51%を保有している。

取引完了後、アリババが保有するサン・アート株の比率は直接・間接を含め約72%となり、サン・アートはアリババの財務諸表に組み込まれる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録