オンライン不動産取引「貝殻找房」、20年3Q売上高3257億円、純利益は80%減

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

オンライン不動産取引「貝殻找房」、20年3Q売上高3257億円、純利益は80%減

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

オンライン不動産取引プラットフォーム「貝殻找房(KE Holdings)」を運営する「小屋信息科技」が、上場以来初となる四半期財務報告書を発表した。それによると、2020年第3四半期の売上高は205億元(約3257億円)で、前年同期の120億元(約1906億円)から70.9%増加した。純利益は7500万元(約11億円)で、前年同期の3億8400万元(約61億円)から80%減少した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録