さくらんぼが特徴のティードリンク「小満茶田(Tea Buds)」が数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

さくらんぼが特徴のティードリンク「小満茶田(Tea Buds)」が数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ティードリンクブランド「小満茶田(Tea Buds)」を展開する「新火新搽網絡科技」がプレシリーズAで数千万元(数億円)を調達した。リード・インベスターは「元禾原点(Oriza Horizon)」、コ・インベスターは「海石投資(Avior Capital)」、生活関連O2Oサービス「美団(Meituan)」の共同創業者・干嘉偉氏。このほか、既存株主である「険峰長青(K2VC)」、「ベルテルスマンアジア投資基金(BAI)」、「尚承嘉尋(ZEN INVESTMENT)」らも本シリーズで追加出資を行った。

小満茶田は2019年設立。さくらんぼを使用したドリンクをメインに展開し、高級感のあるパッケージが特徴のフルーツティーブランドである。同社は、米ウォーバーグ・ピンカス出身の劉子正氏、美団のベテランメンバー楼霊遠氏のほか、スターバックス・コーヒーやマキシム・グループ出身者を含むプロフェッショナルなチームで運営されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録