世界35ヵ国で利用されるオンライン授業サービス「ClassIn」、テンセントなどから約270億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

世界35ヵ国で利用されるオンライン授業サービス「ClassIn」、テンセントなどから約270億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

教育市場向けにサービスを提供する「翼鴎教育科技(EEO EDUCATION TECHNOLOGY)」がシリーズCで2億6500万ドル(約270億円)を調達した。リード・インベスターは「高瓴創投(GL Ventures)」、コ・インベスターはテンセント(騰訊)、「SIG(海納亜州創投基金)」、「渶策資本(INCE Capital)」など。本シリーズは翼鴎教育科技にとって7月にシリーズBで渶策資本から数千万ドル(数十億円)を調達して以来、今年2度目の資金調達である。

翼鴎教育科技の設立は2014年9月。主に「インタラクティブなオンライン授業」の研究開発・運営を行っており、2015年11月にはインタラクティブなオンライン授業を提供するプラットフォーム「ClassIn」をリリース。現在までに世界35の国・地域において6万の学校および企業と提携している。中国国内市場においては小学校~大学までの学校のほか、年商1億元(約15億円)を超える教育機関のうち7割が同社のパートナー企業となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録