短信

ファーウェイから独立の「Honor」、クアルコムとチップ供給で合意間近

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ファーウェイ(華為技術)から独立したスマートフォンブランド「Honor(栄耀)」の趙明CEOは北京市で行われた従業員との交流会の席で、中国国内スマートフォン市場のトップになることがHonorの目標だと述べた。

Honorの内部関係者によると、同ブランドがファーウェイから独立して1週間後、趙明氏は北京市、陝西省西安市、広東省深圳市の3都市で従業員との交流会を開催したが、同氏は具体的な戦略や戦法については触れず、スマートフォンだけでなくその他製品も生産を継続するということにだけ言及したという。

半導体大手の米クアルコム(Qualcomm)に近い消息筋によると、クアルコムからHonorにチップを供給するための協議は非常に楽観的な進展を見せており、合意に近づいているもようだ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録