アリババ、バーチャルAIファッションモデルを提供 販売者の撮影コストを軽減

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

その他

アリババ、バーチャルAIファッションモデルを提供 販売者の撮影コストを軽減

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

12月4日、アリババが独自に開発したAIバーチャルモデル「塔璣(Taji)」が、同グループの「原創保護(Original Design Protection)」プラットフォーム上でリリースされた。バーチャルモデルの静止画像やショートビデオ、ライブコマースソリューションをアパレル業者に提供し、販売者の負担や画像盗難のリスクを軽減するなど、画期的な技術により知的財産権やオリジナリティを保護するという。

塔璣は、革新的なアルゴリズム技術を活用することで、何千何万通りもの顔が生成可能で、同時に衣類の平面画像を3D画像に変換し、そのモデルに着用させることができるとのこと。これにより、衣料品販売者にかかる人的、金銭的コストが大幅に削減できるという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

UNLEASH TOKYO

36Krは東京都の魅力を海外に発信する注目イベント「UNLEASH TOKYO」に協力しています。 3月9日(火)-11日(木)の3日間、様々なゲストを交えて14時から開催します。 36Kr CEOも登壇するのでぜひご覧ください!

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録