バイドゥ「Apollo」が米テキサスインスツルメンツと提携し車載チップ開発 威馬汽車で初搭載へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

バイドゥ「Apollo」が米テキサスインスツルメンツと提携し車載チップ開発 威馬汽車で初搭載へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

IT大手バイドゥの自動運転プラットフォーム「バイドゥ Apollo(百度Apollo)」は12月22日、テキサスインスツルメンツ(以下「TI」)と提携し、TIの車載プロセッサーをハード・ソフトウェアの一体開発を進めるApollo自律走行車の設計に組み込むと発表した。

TIのTDA4プロセッサーシリーズは、Jacinto™7アーキテクチャーをベースにしており、どの自動車メーカーの運転支援システムや次世代の半自動運転および完全自動運転システムにも利用できる。 Baidu ApolloとTIが手を組んだ車載用チップは、「威馬汽車(WM Motor)」にとって3作目となる新型スマート純電動SUVに初めて搭載され、2020年中に量産を開始するとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

UNLEASH TOKYO

36Krは東京都の魅力を海外に発信する注目イベント「UNLEASH TOKYO」に協力しています。 3月9日(火)-11日(木)の3日間、様々なゲストを交えて14時から開催します。 36Kr CEOも登壇するのでぜひご覧ください!

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録