高コスパのコーヒーブランド「Manner Coffee」が新たに資金調達 創業5年で評価額は1300億円超か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

高コスパのコーヒーブランド「Manner Coffee」が新たに資金調達 創業5年で評価額は1300億円超か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スペシャリティコーヒーブランド「Manner Coffee」が資金を調達した。出資者はPEファンド「H Capital」と米ヘッジファンド「Coatue Management」。関係者によると、この資金調達により、同社の評価額は13億ドル(約1342億円)に達したとのこと。

Manner Coffeeは、2015年に上海で創業された中国のコーヒーチェーン。設立当初は、10元(約150円)のスペシャリティコーヒーをスタンド店で販売し、「上海コーヒー界のコストパフォーマンス・キング」と称された。現在では上海の94店舗をはじめとして、北京、深圳、成都、蘇州などで計108店舗を展開している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録