短信

海外市場を狙うペット用スマートデバイスの「KITTEN & PUPPY」がシリーズAで数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ペット用スマートデバイスメーカー「猫猫狗狗(KITTEN & PUPPY)」が、シリーズAで「君聯資本(Legend Capital)」から数千万元(数億円)を調達した。資金は主に製品の研究開発とイノベーションに充てられる。

猫猫狗狗はシャオミのエコシステムに属する企業で、2016年に設立された。中国国内では主にシャオミが展開するECサイト「小米有品(YOUPIN)」などで販売しているが、同社ブランドの主なターゲットは海外市場であり、2021年半ばごろの正式リリースを予定している。

猫猫狗狗の2019年の売上高は3000万元(約4億7000万円)に達し、売上比率は中国本土が3分の2、台湾、韓国、欧州諸国などが3分の1を占めている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録