AI画像認識に強みの「Mai」、シリーズAで約5億円を調達 日米市場進出へ意欲

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AI画像認識に強みの「Mai」、シリーズAで約5億円を調達 日米市場進出へ意欲

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

画像認識技術の「Mai(Markable AI)」 は、このほど、シリーズAで500万ドル(約5億円)の資金を調達した。リードインベスターは「Arbor Ventures」。コ・インベスターは「Voyager Capital」、「Partech(パーテック)」、「Tekton Ventures」。 同社は現時点までに、1000万ドル(約10億円)を超える資金を調達している。

2016年に設立されたMaiは、AIによる画像・動画コンテンツ認識・検索技術を強みとし、ショート・ロング動画や画像配置型パフォーマンス広告への応用に注力している。 今回調達した資金は、広告技術の研究開発強化、広告枠の大量確保と適切かつ正確な広告配信の実現に充てられる。 また同社は、中国でのプレゼンスを深めながら、日米市場への進出を計画している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録