地域密着型OMOプライマリ・ケアサービスが約16億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

地域密着型OMOプライマリ・ケアサービスが約16億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

地域密着型のOMOプライマリ・ケアサービス「隣家好医(NeighBor Doc)」が、約1億元(約16億円)を調達した。リードインベスターは「寛平資本(Kuanping Capital)」と「徳同資本(DT Capital Partners)」、コ・インベスターは既存株主の「凱風創投(Cowin Venture)」。隣家好医はこれまでに3ラウンドで資金を調達してきた。

隣家好医は2016年に設立された。テクノロジー型の医療サービス会社で、オンラインとオフライン、医療とヘルスケアを組み合わせた地域医療サービスを提供する。現在、浙江省杭州市や金華市の地域コミュニティ周辺に、プライマリ・ケアを対象とした11の診療所を開設している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録