短信

遅くとも2024年には「バイドゥカー」を量産へ Apolloの実用化も進行中

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

IT大手バイドゥ(百度)の李彦宏(ロビン・リー)CEOは、このほど香港経済日報のインタビューに応じ、次のように述べた。

「自動車大手の吉利汽車(Geely Automobile)と共同で立ち上げた『集度汽車』初のモデルは、バイドゥが持つ最先端の自動運転技術とAI技術を結集したものになる。遅くとも2024年までには市場に投入する予定で、最も魅力的なスマートカーになると確信している」

また、バイドゥが手掛ける自動運転開発のオープンプラットフォーム「Apollo」の実用化については、「すでに開始し、一定の規模に達している。同事業は急速に成長しており、今後何年にもわたり急成長のプロセスを辿っていくだろう」と述べ、この先10年から20年にわたって自動運転技術に巨額の投資を続けていく考えを示した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録