注目の上海発生鮮食品EC「叮咚買菜」 シリーズDで770億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

注目の上海発生鮮食品EC「叮咚買菜」 シリーズDで770億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

4月6日、生鮮食品EC「叮咚買菜(Dingdong Maicai)」が、シリーズDで7億ドル(約770億円)を調達したと報じられた。

リードインベスターは「DST Global」、コ・インベスターは既存株主の「老虎環球基金(Tiger Global Management)」「CMC資本(CMC Capital)」「今日資本(Capital Today)」「歐翎投資(Ocean Link)」「弘毅投資(Hony Capital)」、米「ジェネラル・アトランティック(General Atlantic)」、セコイア・キャピタルのほか、本シリーズから新たに「Aspex Management」「3Wファンド」「APlus Partners」「高鵠資本(CYGNUS EQUITY)」、米「Mass Ave Global」などが加わった。高鵠資本は本シリーズの財務アドバイザーも務めた。

中国生鮮食品ECが次々と米国上場を計画 勝算はあるのか?

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録