短信

日本スキンケア「花印」 中国ジェンダーフリーコスメブランドに数千万円を出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

ジェンダーフリーをコンセプトにした中国コスメブランド「SEVEN・JULY」が、シードラウンドで中国人社長による日本の化粧品会社「花印粧業研究所」から数百万元(数千万円)を調達した。

2018年に設立されたSEVEN・JULYは、ジェンダーフリー志向な若者やLGBT(性的マイノリティ)をターゲットユーザーとし、性別を超えて楽しめるコスメブランド。 3年に及ぶ研究開発期間を経て、4月19日にアリババ傘下のECプラットフォーム「天猫(Tmall)」に旗艦店をオープン。メイク落とし、スティック型ファンデーション、リップグロスなどを販売する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録