中国当局、生活関連サービス大手「美団」の独禁法調査に着手

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国当局、生活関連サービス大手「美団」の独禁法調査に着手

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国国家市場監督管理総局(SAMR)は告発に基づき、生活関連サービス「美団(Meituan)」が取引先の企業に対して、ライバル企業とは取引しないよう圧力を掛ける「二者択一」などの独占的行為を行っていた疑いがあるとして、法律に従って調査を指示した。

美団は通知を受け取ったことを認め、同社は規制当局による調査に積極的に協力し、ビジネスコンプライアンス管理のレベルをさらに向上させ、ユーザーとすべての関係者の正当な権益を保護すると述べた。同社の各事業は現在、通常通り運営されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録