時価総額70%減 アリババ支援のインフルエンサープラットフォームが米上場廃止

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

時価総額70%減 アリババ支援のインフルエンサープラットフォームが米上場廃止

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

4月20日、ナスダック上場企業で「KOLファシリテーター」としてインフルエンサーを活用したECビジネスを展開する「如涵控股(Ruhnn Holding)」(ナスダック:RUHN)が株式の非公開化を完了したと発表した。先頃発表された2021年2月3日付の合併契約および計画に基づき、同社の親会社「RUNION Holding Limited」の完全子会社である「RUNION Mergersub Limited」との合併が完了した。

こうして株式の非公開化により、同社はナスダックから上場廃止となった。上場最終日、如涵の株価終値は3.4ドル(約368円)。時価総額は2億8100万ドル(約304億円)と、上場初日に比べ7割以上減少した。

上場前の如涵の筆頭株主は、29.27%を保有する創業者の馮敏氏で、トップインフルエンサーの張大奕氏が関連会社を通じて2番目に多い15%の株式を保有していた。また、アリババ傘下のEコマース淘宝(タオバオ)が8.56%の株式を保有していたことから、如涵は「アリババグループの出資を受ける唯一のMCN(マルチチャンネルネットワーク)企業」を自称していた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録