アップル、次世代Mac用プロセッサ「M2」の量産開始 新型「MacBook」に搭載か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アップル、次世代Mac用プロセッサ「M2」の量産開始 新型「MacBook」に搭載か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

Apple(アップル)関連のニュースを中心に提供するテック系メディア「MacRumors」によると、同社の次世代「Apple Silicon」(Appleが独自設計したMac用プロセッサ)が今月量産を開始したという。現在「M2」と呼ばれているこのプロセッサは、生産に少なくとも3カ月を必要とする。次期MacBookへの搭載に間に合うよう、早ければ今年7月に出荷される可能性があるとのことだ。

内部関係者によると、Apple独自のMac用プロセッサ量産開始は、Appleが「Intel(インテル)が設計したCPUから自社製CPUに置き換える」という目標に一歩近付いたことを意味しているという。

2020年に突如登場したApple独自設計の「M1」プロセッサは、昨年末に発売されたMac mini、MacBook Air、13インチ MacBook Proに搭載されたが、Intel製プロセッサ搭載モデルに比べ、大幅に性能が向上し、バッテリー効率が改善された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録