OPPO、2年連続で国際特許出願数世界トップ10にランクイン

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

OPPO、2年連続で国際特許出願数世界トップ10にランクイン

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

世界知的所有権機関(WIPO)のデータによると、中国スマートフォン大手OPPOが「特許協力条約(PCT)」システムに基づく特許出願数で2019年、2020年と2年連続トップ10に入ったことが明らかになった。

2021年3月31日時点で、OPPOが保有する特許は世界の40以上の国と地域をカバーし、国際特許の出願数は6万1000件以上、付与件数は2万6000件以上となっている。このうち、発明特許の出願数は5万4000件以上に達し、全特許出願数の89%を占めている。

このほか、ファーウェイ(華為技術)、三菱電機、サムスンは2年連続でトップ3にランクインしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録