短信

中国新興ファブレス半導体企業、シリーズA+で約84億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

世界トップクラスの半導体メーカーを志しグローバル展開する「瀚博半導体(上海)有限公司(Vastai Technologies (Shanghai) Inc.)」が、シリーズA+で5億元(約84億4000万円)を調達した。リードインベスターは「中国互聯網投資基金(CHINA INTERNET INVESTMENT FUND)」と「経緯中国(MatrixPartners China)」、コ・インベスターは既存株主の「紅点創業投資中国基金(Redpoint China)」および「五源資本(5Y Capital、旧名『晨興資本』)」「SAIF Partners(賽富投資基金)」など。資金は自社開発チップとソリューションの世界的な商用化ならびに新たな応用シーンの開拓などに充てられるとのこと。

瀚博半導体は2018年12月に上海で設立され、北京とカナダのトロントに研究開発部門を置いている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録