中国最大の求人プラットフォーム「BOSS直聘」が米上場へ、テンセントなど出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国最大の求人プラットフォーム「BOSS直聘」が米上場へ、テンセントなど出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米国東部時間5月21日、中国の人材マッチングサイト「BOSS直聘(BOSS Zhipin)」の実質的な持ち株会社である「Kanzhun Limited」がナスダック上場に向け、米国証券取引委員会(SEC)に正式にIPO(新規株式公開)申請を行った。

登録届出書(Form F-1)によると、BOSS直聘の2020年の売上高は前年比94.7%増の19億4000万元(約320億円)。また、投資コンサルティング会社「灼識咨詢(China Insights Consultancy:CIC)」による報告として、BOSS直聘は同年、平均MAU(月あたりのアクティブユーザー数)から見て中国最大のオンライン求人プラットフォームになったと紹介されている。

BOSS直聘の株主のうち主要な機関投資家には「今日資本(Capital Today)」、テンセント(騰訊)、「高榕資本(Gaorong Capital)」、「コーチュー・マネジメント(Coatue Management)」、ゴールドマン・サックス、「GGVキャピタル(紀源資本)」などが名を連ねている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録