短信

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の大手家電メーカー「格力電器(グリー・エレクトリック)」の董明珠董事長は、中国通信機器大手のファーウェイ(華為技術)が開発した「Harmony​(鴻蒙、ハーモニー)OS」を採用すると発表した。

ファーウェイ(華為技術)は6月2日に独自OSの最新バージョン「HarmonyOS 2」をリリースしてアップグレードを開始して後、現在は累計69機種のアップグレードに対応可能だという。この1カ月でアップグレードしたユーザーは2500万人に達し、今も増加し続けていると見られる。

HarmonyOSは中国のスマートフォンメーカーよりも家電メーカーに支持されている。家電大手の「九陽(Joyoung)」「美的集団(Midea Group)」「方太(FOTILE)」「蘇泊爾(SUPOR​)」などはすべてHarmonyOSを搭載した製品を発売しており、ブレンダー、スチーマー、レンジフードなど大小家電のカテゴリーを網羅している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録