短信

テスラの上海ギガファクトリー、第1期工事が竣工 年間1万基の充電スタンドを生産

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「上海市建設プロジェクト環境評価情報公開プラットフォーム」で公表された文書によると、米テスラ(Tesla)「上海ギガファクトリー」​の第1期工事が6月27日に竣工し、7月5日に試験調整の段階に入ったとのこと。

レポートによると、今年1月、テスラの中国法人「特斯拉(上海)有限公司」は、充電スタンド生産工場の建設に着手したが、建設の過程で、元々外部委託が予定されていた充電スタンドのジャンクションボックスの自社生産や、一部の原材料、補助材料の調整などの点で計画変更が生じた。また倉庫内にバッテリーの電芯(セル)をパッケージングするためのラインも新設されることになったという。なお計画修正後も生産規模に変化はなく、充電スタンドの生産台数は年間1万基が見込まれている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録