中国ネット配車DiDi(滴滴)、株式非公開化を否定 当局の調査に協力と宣言

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国のネット配車最大手「滴滴出行(DiDi Chuxing)」が株式の非公開化を検討していると報道された件に対し、滴滴は7月29日、同社の公式微博(中国版ツイッター)で「株式非公開化に関する噂は事実ではなく、現在弊社は政府当局のサイバーセキュリティに関する審査に積極的に協力している」とコメントした。 7月29日正午時点の滴滴の株価は、9.8ドル(約1070円)となっており、6月30日のニューヨーク上場時の初値16.65ドル(約1820円)と比べ約4割も値下がりしている。 滴滴は中国当局の怒りを鎮めると共に、同社の米国上場以降に投資家が被った損失を補填するため株式の非公開化を検討していると、ウォールストリートジャーナルは伝えていた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国のネット配車最大手「滴滴出行(DiDi Chuxing)」が株式の非公開化を検討していると報道された件に対し、滴滴は7月29日、同社の公式微博(中国版ツイッター)で「株式非公開化に関する噂は事実ではなく、現在弊社は政府当局のサイバーセキュリティに関する審査に積極的に協力している」とコメントした。

7月29日正午時点の滴滴の株価は、9.8ドル(約1070円)となっており、6月30日のニューヨーク上場時の初値16.65ドル(約1820円)と比べ約4割も値下がりしている。

滴滴は中国当局の怒りを鎮めると共に、同社の米国上場以降に投資家が被った損失を補填するため株式の非公開化を検討していると、ウォールストリートジャーナルは伝えていた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録