アリババ会長「VCブームの終わりはよいこと」

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

リーダーの一言

アリババ会長「VCブームの終わりはよいこと」

大佬言论 | 马云:现在融1亿美元都不好意思,风投退潮是好事

10月19日,马云出席世界VR产业大会上时表示,目前风险投资的热度正在消退,很多创业公司的估值少了70%,留下来的30%才是真本事。

马云称,风投的退潮对整个行业来说都是好事情,“阿里巴巴创业时融资500万美金就觉得是巨资,而现在融到一亿美金都不好意思见人。现在风险投资热度正在退潮,是到见真本事的时候。”

続きを読む

アリババの馬雲(ジャック・マー)会長は19日、世界VR産業大会に出席し、「ベンチャーキャピタル(VC)の投資ブームは収束しつつある。スタートアップの多くの評価額は70%ほど縮小した。残った30%が実際の価値だったのだろう」と述べた。

マー会長は「VC投資ブームの終焉は、どの業界にとってもいいことだ。アリババが創業時に500万ドル(約5億5000万円)を調達したとき、とても大きなお金を得たと思った。けれど今は1億ドルを調達しても、メンツが立たないようだ。VCブームが終わり、そろそろ本業をちゃんと見る時期だろう」と語った。
(翻訳・浦上早苗)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手