世界銀行、中国の21年経済成長率予測を8.5%に上方修正

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

世界銀行、中国の21年経済成長率予測を8.5%に上方修正

続きを読む

世界銀行は、9月27日に発表した東アジア・大洋州地域の経済状況に関する最新の報告書において、中国の今年の経済成長率が8.5%になると予測し、4月時点の予測から0.4ポイント上方修正した。

報告書によると、東アジア・大洋州地域の経済は、主に中国の成長に後押しされ、今年は7.5%の成長が見込まれるという。世界銀行の東アジア・大洋州地域担当チーフエコノミスト、アディティヤ・マトゥー氏は、新華社によるオンライン独占インタビューの中で、中国の経済成長予測が上方修正された主な要因は3つあるとして、次のように述べた。

「第1に、中国が新型コロナウイルス感染症を効果的に制御していること。第2に、世界的にも回復傾向が持続して需要を押し上げており、中国の輸出に有利に働いていること。第3に、中国政府の政策的支援があることだ。」

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録