中国版Netflix「愛奇芸」、約560億円の調達を計画 年末にも香港で上場か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国版Netflix「愛奇芸」、約560億円の調達を計画 年末にも香港で上場か

続きを読む

動画配信プラットフォーム「愛奇芸(iQiyi)」が、5億ドル(約560億円)の調達を目指し、早ければ2021年末にも香港で上場すると伝えられている。これに伴い、バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス、CLSA証券をアンダーライターとすることが検討されているという。

2010年4月に龔宇氏が創業した愛奇芸は、百度(バイドゥ)傘下のプラットフォームサービスだ。2013年5月7日、百度は中国のオンライン番組配信企業「PPS網絡電視」を買収し、愛奇芸との統合を進めた。

2018年3月29日、愛奇芸はナスダックに上場。2021年10月6日時点における時価総額は、約58億7000万ドル(約6588億円)となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録