EVバッテリー交換「Aulton(奥動新能源)」が約264億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

EVバッテリー交換「Aulton(奥動新能源)」が約264億円を調達

続きを読む

電気自動車(EV)向けバッテリーの交換サービスを手がける中国の「Aulton(オウルトン=奥動新能源)」がシリーズBで15億元(約264億円)を調達した。リード・インベスターは中国の政府系企業「広州金控(Guangzhou Finance Holdings)」と同「広州高新区科技」が共同で設立したファンドと「恩沢基金」。

Aultonの公式情報によると、同社は「北京汽車集団(BAIC Group)」「中国第一汽車集団(China FAW Group)」「東風汽車集団(Dongfeng Mortor Group)」など自動車メーカー20社以上と提携し、バッテリー交換式の車種20モデル超を開発している。また、それは乗用車だけでなく、商用車(大型トラック、軽トラック、ミニバンなど)の分野にも及ぶという。

去年7月、ソフトバンクグループ傘下で自然エネルギーの発電事業などを手がけるSBエナジーは、オウルトンと資本業務提携を結んだと発表した。SBエナジーが同社に3250万元(当時約5億円)を出資した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録