AIカメラスタートアップがシリーズA+で数億円の資金を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AIカメラスタートアップがシリーズA+で数億円の資金を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

小米(シャオミ)のエコシステムの一員である「摩象科技(MEETVR)」が、ベンチャーキャピタルの「オーロラ」から、シリーズA+で数千万元(数億円)の資金を調達した。この資金は技術研究開発とマーケティング開発に投入される。同社は、2016年に「徳同資本」、「京東」、「小米科技(シャオミ)」、「順為資本(Shunwei Capital)」から資金を調達し、今年4月には「Star VC」がリードインベスターとなったシリーズAでも資金を調達した。摩象科技は2016年5月に設立され、一般ユーザー向けのAIカメラ等の研究開発と量産を行っている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録