自動車産業デジタル化サービス「楽行科技」:エンジェル投資家より約4億円の資金を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

自動車産業デジタル化サービス「楽行科技」:エンジェル投資家より約4億円の資金を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動車産業デジタル化サービスプロバイダー「楽行科技」は、エンジェル投資家から2540万元(約4億1000万円)の資金を調達した。出資者は英諾天使基金(Innoangel Fund)」及び「広東民営投資股份有限公司」の幹部。獲得した資金は、カーディーラーのブランド力向上、自動車コミュニティ構築、サプライチェーンの合理化等に充てられる。2017年に設立され、本社を広州に置く同社は、従来の自動車流通産業を「デジタル化」し、自動車流通の効率化を目指している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録