アリババ系スーパー「盒馬」がカフェ事業に参入、雲南省に初店舗

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

アリババ系スーパー「盒馬」がカフェ事業に参入、雲南省に初店舗

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババ傘下の次世代スーパー「盒馬鮮生(Hema Fresh)」が、自社運営のカフェ事業に参入した。すでに雲南省昆明市の盒馬鮮生内に「盒馬咖啡(Freshippo Coffee)」を出店したと報じられている。

店頭メニューを見ると、アメリカンコーヒーやカフェラテなどのオーソドックスなメニューだけでなく、雲南スペシャルフレーバーのコーヒーも提供している。商品価格は15〜27元(約260~480円)で、市場で販売されている同系統のコーヒードリンクと大差ない価格設定となっている。

中国人の消費習慣に伴い、コーヒードリンクの収益モデルや運営スタイルは明瞭で成熟しており、多くの企業が自社開発あるいは出資を通じてコーヒー業界へ参入するようになっている。

「次のスタバ」を目指す新興勢、熾烈さを増す中国コーヒー業界

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録