自動車大手「吉利(Geely)」、初の自社開発7nmプロセス車載用SoCが量産開始

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

その他

自動車大手「吉利(Geely)」、初の自社開発7nmプロセス車載用SoCが量産開始

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国自動車大手「吉利汽車(Geely Automobile)」は10月31日、初の自社開発7nm(ナノメートル)プロセス車載用SoC(システム・オン・チップ)「スマートコックピットチップ」の量産が間もなく開始されると発表した。

同社は2023年には7nmプロセスで製造された演算能力の高い自動運転用チップを、2025年には5nmプロセスで製造された自動運転用チップをリリースし、レベル5の自動運転技術を完全に把握し、レベル4の自動運転の商用化を実現させる計画だ。

また、2026年にはIoT通信衛星および低軌道衛生コンステレーションのネットワーキングを完備させたナビゲーションの増強を推進し、「全世界を網羅する」通信およびセンチメートルレベルの高精度測位を目指す。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録