シェアサイクル「Hello」が約316億円を調達 アリババグループが初出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

シェアサイクル「Hello」が約316億円を調達 アリババグループが初出資

続きを読む

シェアサイクル事業などを展開する「哈囉出行(Hello Inc.)」は11月9日、新たに2億8000万ドル(約319億円)を調達したと発表した。既存株主のアリババ系フィンテック企業「アント・グループ(螞蟻集団)」が引き続き出資を行ったほか、アリババグループ自体も初めて出資した。

今回の資金調達により、Helloは2021年に総額5億ドル(約570億円)超を調達したことになる。なお同社は今年上半期の資金調達において、車載電池メーカー「寧徳時代(CATL)」からも初となる出資を受けている。

Helloは、「モビリティをベースとした総合生活サービスプラットフォーム」を発展の方向性としており、相乗り、バッテリー交換、ネット配車、電動二輪車、ホテルの運営および予約など、地域型モビリティ、生活関連サービス事業を徐々に展開している。なかでもHelloの自転車シェアリング事業は、現時点で中国全土400以上の都市に進出しており、5億人以上の登録ユーザーを擁している。

今年Helloが新事業として重点的に力を入れている電動バイク事業「哈囉電動車」では、スマート電動バイクを1年間に3モデル発売するべく、社内の生産能力整備がすでに開始されている。同社は今後もエコ・モビリティや、地域密着型生活関連サービス事業の拡大を継続しつつ、スマート製造を志向する実体経済に向け発展していくという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録