知的財産権プラットフォーム「権査査」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

知的財産権プラットフォーム「権査査」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

続きを読む

知的財産権スマートサービスプラットフォームを運営する「権査査」は、今月「易合資本(Ren Capital)」からエンジェルラウンドで約1000万元(約1億6000万円)を調達した。同社評価額は1億元となった。調達した資金は、人材確保、市場開拓及びデータのセキュリティ強化に充てられる。権査査は「インターネット+ビッグデータ+知的財産権」を謳い、2018年に設立された。同社のサービスは今年8月に正式リリースされ、現在はパソコン向け、HTML5規格のウェブサイト向け、サードパーティー向けのオープンプラットフォームがある。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手