知的財産権プラットフォーム「権査査」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

知的財産権プラットフォーム「権査査」:エンジェルラウンドで約1.6億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

知的財産権スマートサービスプラットフォームを運営する「権査査」は、今月「易合資本(Ren Capital)」からエンジェルラウンドで約1000万元(約1億6000万円)を調達した。同社評価額は1億元となった。調達した資金は、人材確保、市場開拓及びデータのセキュリティ強化に充てられる。権査査は「インターネット+ビッグデータ+知的財産権」を謳い、2018年に設立された。同社のサービスは今年8月に正式リリースされ、現在はパソコン向け、HTML5規格のウェブサイト向け、サードパーティー向けのオープンプラットフォームがある。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録