自動運転研究開発の「知行科技」:自動運転レベル3システムを量産へ

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

自動運転研究開発の「知行科技」:自動運転レベル3システムを量産へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

自動運転システム開発の「知行科技(iMotion)」が、自動運転レベル3(条件付運転自動化)システムの量産に関するプランを発表した。tレベル3の自動運転支援システムであるiMO Pilot3.0をはじめ、高機能なドアコントロールユニットのiMo DCU3.0や、カメラセンサーiMo IFC 1.0ーの量産を計画しているとのこと。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録