TikTokが米国でフードデリバリー開始 22年末に1000拠点を計画

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

TikTokが米国でフードデリバリー開始 22年末に1000拠点を計画

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

バイトダンス(字節跳動)が運営する「TikTok」は、米国でフードデリバリーサービス「TikTok Kitchen」を開始すると、12月17日に発表した。SNS映えするレストランをプロデュースする「Virtual Dining Concepts(VDC)」と提携して運営し、ネット上で話題の料理を専門に扱うという。

消費者はフードデリバリープラットフォームの「グラブハブ(Grubhub)」を通じて注文が可能で、メニューはトレンドに基づき、季節ごとにリニューアルされる予定。

公開されている情報によると、TikTokは既存のレストランに300のデリバリーステーションを開設、2022年3月に正式サービスを開始し、同年末には1000店にまで拡大する計画という。

一方、VDCの公式サイトによると、飲食店は手数料ゼロでTikTokとのコラボメニューの販売を申し込めるという。また、VDCがスタッフのトレーニングやレシピ、パッケージ、材料などを提供することで、30日以内に各飲食店はデリバリーサービスを開始できるようになるとのこと。

2021年9月に発表された最新データによると、TikTokのMAUは全世界で約10億人で、2020年7月と比べて45%増となっている。マーケティング・エージェンシーの「Wallaroo Media」は米国におけるTikTokのMAUは約8000万人と予測している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録