テンセント、京東に続き美団と拼多多の保有株も売却か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセント、京東に続き美団と拼多多の保有株も売却か

続きを読む

「ブルームバーグインテリジェンス(BI)」によると、テンセント(騰訊)は現在保有している中国生活関連サービス最大手の「美団(Meituan)」と、共同購入型EC「拼多多(Pinduoduo)」の株式を売却する可能性があるという。

レポートにおいて、Matthew Kanterman氏を初めとするアナリストたちは、テンセントが成熟して収益性の高い株式を現金化するのは、帳簿上の巨額の収益が永遠に現金化できないのではないかという、出資者の懸念を払拭するためかもしれないと述べている。

テンセントは2021年12月に、保有していた中国EC「京東集団(JD.com)」の株式を売却したばかりだ。

テンセント、保有する京東株を株主に配当 筆頭株主外れるもパートナーシップ維持

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録