白酒メーカー「穀小酒」:シリーズPre-Aで約10億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

白酒メーカー「穀小酒」:シリーズPre-Aで約10億円を調達

続きを読む

白酒メーカーの「穀小酒(Guxiaojiu)」が、シリーズPre-Aで6300万元(約10億円)を調達した。リード・インベスターは「博将資本( Bojiang Capital)」、コ・インベスターはアリババのパートナーである王帥氏と「北京中金滙財(Beijing Zhongjin Huicai)」。穀小酒創業者の劉飛氏は「資金は、四川省や貴州省など白酒の主要産地での事業振興や、コストパフォーマンスに優れた白酒の開発に充てられる」と述べた。穀小酒は濃香型白酒の代表的なブランドで、地元農家に専用のもち米の栽培を委託している。また、日本酒の濾過技術を参考にして、完全発酵技術を採用。若年層をメインターゲットにした「ほろ酔い穀小酒」なども製造している。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手