「アリババ達摩院」:2019年十大科学技術動向を発表

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

「アリババ達摩院」:2019年十大科学技術動向を発表

続きを読む

1月2日、アリババグループの研究開発機関「アリババ達摩院(Alibaba DAMO Academy)」が「2019年十大科学技術動向」を発表した。スマートシティ、デジタルID、自動運転、グラフニューラルネットワーク(GNN)システム、AIチップ、ブロックチェーン、5Gなどの分野に及ぶレポートだ。達摩院によれば、3Dセンサーの急速な普及や、バイオメトリクスとの融合にともない、あらゆるデバイスはよりスマートに対象を認識できるようになるという。そうなると、生体認証と生体技術による個体識別及び認証システムが再構築されて、やがてデジタルIDが現在中国で用いられている「居民身分証」に続く第二の身分証になるだろう。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手