北京冬季五輪マスコット「ビンドゥンドゥン」のNFT 転売価格暴騰

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

北京冬季五輪マスコット「ビンドゥンドゥン」のNFT、転売価格暴騰

続きを読む

北京冬季五輪公式マスコット「ビンドゥンドゥン」のNFTグッズの転売価格が暴騰している。

NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスの「nWayPlay」は2月12日、国際オリンピック委員会(IOC)の公式ライセンスを取得したデジタルブラインドボックス「EPIC BOX」をで500セット発売した。購入は1人5セットまでに限定されていた。EPIC BOXには、ビンドゥンドゥンがウィンタースポーツに励む様子をデザインしたピンバッジが入っており、発売当初から人気を集めていた。

nWayPlay公式サイトによると、同ブラインドボックスはすでに完売した。2月14日時点の転売価格は平均800ドル(約9万2000円)以上となっている。 中でもアイススケートをするビンドゥンドゥンのピンバッジは現在、当初の約16倍に値上がりし、最低価格1650ドル(約19万円)で取引されている。

(36Kr Japan編集部)

日テレアナ効果?北京五輪のパンダマスコット人気沸騰。メルカリに高値出品相次ぐ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録