iPhone14、試作段階へ 初のパンチホールスクリーンを採用

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

iPhone14、試作段階へ 初のパンチホールスクリーンを採用

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米アップルが、各製造受託企業に新製品の「iPhone 14」および「iPhone 14 Pro」の新製品導入(NPI)サービスを発注していたことが分かった。iPhone 14シリーズは間もなく試作段階に入る。

鴻海(ホンハイ)精密工業は2機種の製造を大量に受注し、アップルのトップサプライヤーの座を維持するとみられる。一方、立訊精密工業(ラックスシェア)はiPhone 14 ProのNPIを受注していないことから、iPhone 14の製造のみを担当し、第二のサプライヤーとなる見通し。

iPhone 14シリーズは、「iPhone 13」のデザインを引き継ぎ、直角ベゼルを採用しているとの情報もある。サムスン電子またはLG製のパンチホールスクリーンが初搭載されるほか、120Hzの高リフレッシュレートディスプレーや6GBのRAMが採用され、新世代LTPO(低温多結晶酸化物)技術にも対応しているようだ。

なお、iPhone 14 Proには「A16」チップが搭載されるが、iPhone 14には従来どおり「A15」チップが搭載されるもよう。

(36Kr Japan編集部)

iPhoneSE 3はホームボタンなし? アップル22年春新製品リークまとめ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録