医療プラットフォームの「妙手医生」:シリーズC+で約80億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

医療プラットフォームの「妙手医生」:シリーズC+で約80億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

「広東恒金堂医薬連鎖(Guangdong Hengjintang Pharmaceutical Chain)」が運営する医薬関連サービスのプラットフォーム「妙手医生(miaoshou.com)」が、シリーズCで5億元(約80億円)を調達した。リード・インベスターは「星界資本(Starquest Capital)」、コ・インベスターは「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」。妙手医生は、昨年4月にもシリーズCで約5億元(約80億円)を調達している。この時のリード・インベスターは「テンセント産業共贏基金(Tencent Industry Win-Win Fund)」、コ・インベスターは「鯤翎資本(Kunling Capital)」、「セコイア・キャピタル・チャイナ」、「啓明創投(Qiming Venture Partners)」。今回調達した資金は「妙手インターネット病院」、病状経過管理サービス、各診療科開設などに充てられる。妙手医生は主に医薬品、サプリメント、スキンケア用品、ベビー・マタニティ用品などを扱う医薬品ECプラットフォーム。ユーザーは自分の病気に関する医師に個別相談でき、薬も購入できる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録